TOP » 研究内容 » THz電磁波・赤外光の発生・検出と分光への応用

THz電磁波・赤外光の発生・検出と分光への応用

近年、フェムト秒レーザーの発達により、THz電磁波技術が急速に確立されつつあります。我々は、光路長を変えて励起光と検出光のタイミングをずらしながらサンプリングする超高速サンプリング技術(一種のサンプリングオシロスコープ)を用いて、フェムト秒レーザー励起により発生させたテラヘルツ波を検出することにより、新しい分光技術を開発しています。

また、THz電磁波の検出技術の開発も大きなテーマです。我々はMEMS/NEMS技術を用いた新しいTHz検出技術の開発を行っています。

さらにTHz・赤外光を利用して水やゼラチンの分光測定を行ない、食品科学への応用を目指した研究も行なっています。

jr4.png

トピックス

[ ページ先頭へ戻る ]