TOP » 研究設備 » 希釈冷凍機付超伝導マグネット

希釈冷凍機付超伝導マグネット

magnethira.JPG希釈冷凍機付超伝導マグネットは最高で50mKという超低温、最大15Tという強磁場を発生させることができる装置です。この装置によって熱の影響を最大限に抑えて、通常の室温や低温測定では熱に埋もれて見ることのできないキャリアの輸送現象を測定することができます。量子効果の観測に有効な測定機器です。

[ ページ先頭へ戻る ]