TOP » 研究設備 » 超短パルス型フェムト秒レーザーシステム(Femtolasers社製)

超短パルス型フェムト秒レーザーシステム(Femtolasers社製)

femtolasershira.JPGLD励起固体レーザー(Verdi)を励起光源とし、パルス幅~10fs、繰り返し周波数75MHz、中心波長800nm、出力>300mWの超短パルスを得るフェムト秒レーザーシステム(Femtosource)です。分散補償をチャープミラーで行うことで、数十フェムト秒という非常に短い時間幅を持つレーザーパルスを得ることが出来ます。現在は、非常に短い時間スケールにおける超高速ダイナミクスの観測や、数十THzにまで及ぶ広帯域THz電磁波の発生に関する研究に利用しています。

[ ページ先頭へ戻る ]